タクシー運転手暴行のハ・ジソン、「初対面で愛してます」から降板


俳優ハン・ジソンがSBSの月火ドラマ『初対面で愛してます』から降板する。

SBS『初対面で愛してます』の制作陣は24日、公式立場を通じて「制作陣は23日、夜遅くに所属事務所からこの事実について通知を受けた。制作陣も当惑し苦しい立場だが、最善を尽くして収拾するために十分な内部会議を経た。その結果、ハン・ジソンが公人として自粛の時間を持つことが当然であると判断し、ハン・ジソンさんの降板を決めた」と明らかにした。

続いて「ハン・ジソンは劇中のストーリー上、事件の核心的なキーを握っている助演の役で分量が大きくなる状況だった」とし「制作陣は事態の深刻さを考慮して、台本の全面修正と俳優の出演分量を編集および削除することを決めた」と発表した。

しかし「ドラマは半分事前制作で、28話(1話=30分基準)まで撮影が行われた状態で、全面再撮影は他の俳優やスタッフに大きな被害を与えうる状況」とし「既存の撮影分に限っては一部の場面が放送される点を了承していただきたい。該当の俳優が出てくるシーンは最小限に減らして放送されるように努力する」と説明した。

最後に「制作陣は今後、ドラマ制作が円満に進行され、視聴者の方々に良い作品で報いることができように最善の努力を尽くす」と付け加えた。

先立って、ハン・ジソンがタクシー運転手と警察官を暴行したという事実が一歩遅れて話題になって波紋を呼んだ。チャンネルAは23日、ハン・ジソンが昨年9月、ソウル市江南(カンナム)の近くで60代のタクシー運転手を暴行し、通報を受けて出動した警察官も暴行して罰金刑の執行猶予を宣告されたと報じた。

報道によるとハン・ジソンは酒に酔ったままタクシーに乗って運転手の頬を叩き、魔法瓶で頭などを暴行した。また、交番に連行された後にも警察官の腕をかむなど乱暴を加えたと伝えられた。

暴行に公務執行妨害の疑いまで加わったハン・ジソンは罰金500万ウォンに執行猶予1年を宣告された。被害を受けたタクシー運転手はチャネルAを介して「子供より幼い娘から暴行を受けたが、まだ謝罪の一言も聞いていない」と悔しさを吐露した。

このニュースが伝えられると、ハン・ジソンの所属事務所J,WIDEカンパニーは「正確な事実把握のために本人に確認をした結果、昨年、タクシー運転手の方と口論になり警察の取り調べを受けた事実があることを確認した」とし「ハン・ジソンさんは自分の過ちを認めて深く反省している」と公式立場を明らかにした。

続いて「再びこのようなことが発生しないように、内部的に改善の必要性を感じ、会社のすべての従業員と一緒に最善の努力を尽くしたい」と謝罪した。
  • 毎日経済 スタートゥデイ シン・ヨンウン記者
  • 入力 2019-05-24 13:28:52.0