ク・ハラ、安寧ではないにも「アンニョン」

ファンからの応援が洪水にように 

歌手兼俳優のク・ハラが残した意味深長記事に、ファンからの心配が続いた。

ク・ハラは25日の夕方、自分のインスタグラムに「こんにちは」という短い挨拶が入ったメッセージを残した。そしてこれは白い紙の上の広い空間ほどの心配をもたらした。

昨年、恋人だったチェ・ジョンボムとひとしきりスキャンダルを経験した後、ク・ハラは大変な時間を過ごした。泣き面に蜂で、各種のデマも経験した。悪質な書き込みが付いて回った。

  • ク・ハラが残した意味深長な記事にファンの心配が高まっている。写真=キム・ジェヒョン記者



そんなク・ハラの辛い心境はインスタグラムのストーリーに残した記事を通じて類推することができる。 「辛くても辛くないふり、苦しくても苦しくないふり」「一言の言葉で人を生かすことも殺すことができる」などのフレーズが特にそうだ。

また、ク・ハラは20日にもインスタグラムに「幸せなふりや大丈夫そうなふりはもうやめにしたい。心配もかけたくない」という内容のメッセージを残すこともした。ファンの心配が大きくなる理由だ。

ク・ハラのファンは、彼女がインターネット小説家のキム・トッキのファンであることを願っている。 「アンニョン」という言葉は不幸や苦痛との別れであることを、「よく眠って」という意味であることを望んでいる。誰もが彼女の幸せな生活を願っている。

  • 毎日経済_キム・ドヒョン記者 | (C) mk.co.kr
  • 入力 2019-05-26 09:18:17