ファン・ハナ、きょう麻薬容疑の初公判 反省文10回


麻薬使用容疑で逮捕された南陽乳業創業者の孫娘ファン・ハナ(31)の裁判が今日(5日)から始まる。

5日午前10時10分、韓国の水原地裁刑事1単独は麻薬類管理に関する法律違反の疑いを受けているファン・ハナの第1次公判を開く。ファン・ハナ側が弁護士を追加で選任し期日の変更を申請、延期された結果だ。

ファン・ハナは起訴された後、合計10回にわたって裁判所に反省文を提出した。

犯行を反省する点を裁判所に訴えて刑量を下げようとする意図があると見受けられる。

ファン・ハナは2015年5月~6月と9月、ソウルの自宅などで数回にわたってヒロポンを使用した容疑と昨年4月に向精神薬クロナゼパムの成分が含まれている薬品2種を違法に服用した疑いなど、合計3回の麻薬使用容疑で送検された。

ファン・ハナの調査の過程でファン・ハナの元恋人のパク・ユチョン(32)の麻薬購入と使用の事実が明らかになった。

警察の取り調べの結果、記者会見まで開いて麻薬の使用を否定していたパク・ユチョンはヒロポン1.5グラムを購入、7回にわたって使用した疑いが明らかになった。麻薬容疑で送検されたパク・ユチョンも起訴され、来る14日に初公判が開かれる。

警察はパク・ユチョン捜査中に確保した証拠に基づいて今年2月から3月にかけてパク・ユチョンと一緒に1.5グラムのヒロポンを購入した疑いと3回使用した疑いなどを適用してファン・ハナを追加で送検した。

一方、ファン・ハナはパク・ユチョンとの麻薬容疑に加えてクラブバーニングサン問題、ヤン・ヒョンソクYGエンターテイメント代表の性接待疑惑など、最近の芸能界をめぐる事件に相次いで言及されている。
  • 毎日経済 スタートゥデイ キム・ソヨン記者 / 写真=ファン・ハナSNS | (C) mk.co.kr
  • 入力 2019-06-05 07:01:18.0