結婚発表ソ・ユリ、相手はドラマ「エデンの東」監督


結婚の便りを伝えたタレントで声優のソ・ユリの結婚相手がドラマ『ミッシングナイン』を演出したチェ・ビョンギル監督だと明らかになった。

日刊スポーツは11日、芸能関係者の言葉を引用して「ソ・ユリと結婚を約束した恋人は最近、MBCからCJ ENMドラマ制作会社のスタジオドラゴンに移籍したチェ・ビョンギル監督」と報道した。

チェ・ビョンギル監督は今年2月にMBCを退社してtvN、OCNなどのチャンネルを持つCJ ENMのドラマ制作会社スタジオドラゴンへと移籍した。

MBC在職時代にはドラマ『エデンの東』(2008年)、『愛してナム・ジュナ』(2013)、『アングリーママ』(2015)などを演出した。

Ashbunという芸名で2010年にアルバムも発売している。 2013年には第40回スチューデントアカデミーアワードでドキュメンタリー作品『A SECOND CHANCE』でドキュメンタリー部分金賞を受賞した実力派監督だ。

最近、MBC every1『ビデオスター』の収録に参加したソ・ユリは年内の結婚の便りを直接明らかにした。

特に相手がスタジオにサプライズで登場してイベントを行ったりもした。

先立ってソ・ユリは去る2日に放送されたKBS2のバラエティ番組『ハッピートゥゲザー4』に出演して熱愛中であることを明らかにし「出会ってから間もない。たくさんのゲームを買う男だ。会社に通う一般人」と恋人を紹介している。
  • 毎日経済 スタートゥデイ チン・ヒャンヒ記者
  • 入力 2019-06-11 17:34:48