GOT7、ワールドツアーに難病の子どもと家族を招待


グループGOT7が2019年のワールドツアーで、世界の難病の子どもたちの願いを叶えてあげ、良い影響を伝播する。

JYPエンターテイメント(以下、JYP)は12日、「GOT7が来る15日と16日、ソウルKSPO DOME(オリンピック体操競技場)で進行する2019年ワールドツアー「GOT7 2019 WORLD TOUR KEEP SPINNING」のソウル公演を皮切りに、メイク・ア・ウィッシュ財団と共に世界の難病の子どもたちの夢を応援する「KEEP SPINING, KEEP DREAMING with GOT7」プロジェクトを進行する」と明らかにした。

このプロジェクトの一環としてGOT7はメイク・ア・ウィッシュ財団を通じてGOT7の公演観覧や出会いなどを願う難病の子どもたちからの応募を受け付けている。

15日のソウル公演は米国カリフォルニア州に居住して現在、肺動脈弁閉鎖症という難病で闘病中のGOT7ファンのKarime Sophia Olivaさん(17)を招待し、GOT7のコンサートを観覧して直接GOT7に会いたいという願いを叶えてあげる予定だ。

また、15日と16日の公演にも難病児や家族などをコンサートに招待する予定だ。

GOT7はソウルだけでなく、ワールドツアーで訪問する都市でも難病の子どもたちからの応募を受け付けて願いを叶えてあげ、闘病中の子どもたちが勇気と元気を失うことなく夢を育てていくことができるように応援する計画だ。

一方、メイク・ア・ウィッシュ財団は白血病、脳腫瘍、骨肉腫など難病で闘病中の子どもたちの願いを叶えてあげる世界最大の機関で、世界42カ国で活動する国際非営利団体だ。 JYPは17日、メイク・ア・ウィッシュ韓国支部と難病児のための社会貢献事業協約を結び、彼らに夢と希望を伝える予定だ。

GOT7はソウル公演を皮切りに、「GOT7 2019 WORLD TOUR KEEP SPINNING」に突入する。今回のワールドツアーはアジア、南北アメリカ、欧州などの1次開催地を知らせ、今後、規模と範囲を拡大する予定だ。
  • 毎日経済 スタートゥデイ パク・セヨン記者
  • 入力 2019-06-12 09:22:18