カン・ダニエル、釜山市の広報大使に確定「嬉しく責任感じる」


歌手カン・ダニエルが釜山市の広報大使になる。

カン・ダニエルの所属事務所KONNECTエンターテイメントは12日「カン・ダニエルが釜山市(市長オ・ゴドン)の広報大使に委嘱され、7月中に委嘱式に参加する」と明らかにした。

委嘱式でカン・ダニエルは釜山市長から委嘱盾を渡される予定だ。釜山市の広報大使は無報酬の名誉職で、市民のために公益活動をすることになる。

釜山市は今年4月、釜山の魅力を最もよく知らせることができる「釜山広報大使」市民推薦イベントを開催、カン・ダニエルが選ばれた。

カン・ダニエルは所属事務所KONNECTエンターテイメントを通じて「生まれ育った釜山のためにいつも何かしたかった。今回、広報大使を引き受けることになり嬉しく、責任も感じている。今も最高の都市だが、さらに良い都市に発展できるよう少しでも助けになれるよう努力する」と明らかにした。

一方、カン・ダニエルは最近、個人事務所のKONNECTエンターテイメントを設立し、ソロデビューの準備を行っている。
  • 毎日経済 スタートゥデイ イ・ダギョム記者
  • 入力 2019-06-12 13:10:06.0