キム・ジェジュン、10年ぶり韓国バラエティ…ギャップの魅力


キム・ジェジュンが韓国で10年ぶりにバラエティ番組に出演、率直な魅力で視聴者たちをひきつけた’。

キム・ジェジュンは13日に韓国で放送された『恋愛の味2』にパネラーとして出演して率直でセンスあふれる姿で新しい「共感妖精」キャラクターとなり、バラエティ番組に最適化された姿を見せた。

キム・ジェジュンは「今日、番組のためにスタジオに特別ゲストが訪れた」というチェ・ファジョンの紹介のもと、「今朝まで日本にいたが、『恋愛の味』のために韓国に来た。今、アリーナツアー中」だと近況を明らかにして久しぶりのバラエティ出演へのときめきを伝えた。

続いてキム・ジェジュンは新たに登場した『恋愛の味2』共感妖精らしく優れた共感能力を披露した。熱血視聴者モードに変身、映像の中のデートの様子を集中して見ながらも「そんなときは「オンタ」(シートを温める機能)もつけるべき」、「ただただすべてがうらやましい」など率直なリアクションを見せて、現実的な反応で笑いを誘った。

キム・ジェジュンは途中、VCRを見て様々な自身の似たようなエピソードを公開した。「料理を直接作ってあげることが好き」と明らかにし、「料理の本も出した。韓国料理はすべて作れて、和食を勉強中」と格別な料理の腕を自慢した。一方、豊富なリアクションでパク・ナレとの予想外な相性を感じさせ、スタジオを笑いの渦に巻き込んだ。

特にキム・ジェジュンは少し抜けていながらも率直な姿でギャップの魅力を見せた。チョン・ミョンフンのデートの様子を見た後「好きなことを好きなる予定だ」というコメントを手のひらに筆記して「学ぶべき良いコメントだ」と話してほかのパネラーたちを当惑させた。

一方、急展開となった最初のデート姿を見守っていた際には席から立ちあがり、チョン・ミョンフンに向かって「問題を知らないことが問題だ」とストレートに発言して視聴者たちの共感を誘った。

このようにキム・ジェジュンは10年ぶりの韓国バラエティ出演にも関わらず、格別なトークと優れた共感能力を見せ、パネラーとしての役割をしっかりと果たした。センスあふれるバラエティ向けのトークと恋愛話、率直で現実的なリアクションで視聴者たちの共感を導き出し、恋愛コーチにふさわしい大活躍を繰り広げた。

一方、キム・ジェジュンは明日(15日)と日曜日(16日)の両日、神戸ワールド記念ホールでアリーナツアーの追加公演でファンと会う。
  • 毎日経済 スタートゥデイ チン・ヒャンヒ記者
  • 入力 2019-06-14 10:46:30.0