イム・シワン側、軍服務中の過剰休暇について「詳細確認後にコメント」


イム・シワンが軍服務中、過剰な休暇を取得したという物議に包まれた中で、所属事務所側は「確認後にコメントしたい」と伝えた。

イム・シワンの所属事務所の関係者は17日、毎日経済スタートゥデイに「イム・シワンの軍休暇日数と詳細について具体的に確認した後、公式の立場を伝えたい」と明らかにした。

同日、韓国のあるメディアはイム・シワンが軍服務期間中に一般兵士に比べて過剰な休暇を取得したと報じた。

このメディアは韓国国防部が国会国防委員会所属キム・ビョンギ共に民主党議員に提出した「芸能人出身兵士の軍服務実態」の資料をもとに、イム・シワンが年次休暇28日、褒賞休暇18日、慰労休暇51日、補償休暇14日、診療を目的とした請願休暇12日などを含めて、合計123日の休暇を取得したと報じた。一般兵士の平均休暇日数が59日であるのと比べると2倍ほどの休暇を取得したとされ、物議となっている。

イム・シワンは2017年7月11日に入隊、去る3月27日に転役した。下半期にドラマ『他人は地獄だ』で復帰する予定だ。
  • 毎日経済 スタートゥデイ パク・セヨン記者
  • 入力 2019-06-17 10:14:23.0