「剣法男女2」、「パフューム」抑えて月火ドラマ視聴率1位に


『剣法男女2』が月火ドラマ1位になった。

18日、視聴率調査会社ニールセンコリアによると、17日に韓国で放送されたMBC月火ドラマ『剣法男女2』9話と10話は、それぞれ5.9%と7.5%(以下、全国基準)の視聴率を記録した。

これは前回の放送が記録した4.1%、6.2%より上昇した数値で、『剣法男女2』の自己最高視聴率でもある。

初放送以来、月火ドラマ1位だったKBS2月火ドラマ『パフューム』の9話と10話は、それぞれ4.9%と6.4%の視聴率を記録した。

これは去る放送分が記録した5.9%と6.8%の視聴率よりも小幅で下落した数値だ。

SBSの月火ドラマ『初対面で愛してます』25話と26話は3.0%と3.8%を記録した。これは前回の放送分が記録した3%、4%とほぼ同じ数値だ。

何よりもMBCの最初のシーズン制ドラマであり、月火ドラマ初の午後9時代編成という戦略を選択した『剣法男女2』の月火ドラマ1位に関心が集まっている。

果たして『剣法男女2』が月火ドラマ1位を守り続けるのか、『パフューム』が月火ドラマの王座を奪還するのかが注目される。
  • 毎日経済 スタートゥデイ ヤン・ソヨン記者
  • 入力 2019-06-18 07:39:55