BTS、スタジアムツアーでチケット60万枚を販売…収益936億ウォン


防弾少年団(BTS)が米国とブラジル、欧州で行ったスタジアムツアー「LOVE YOURSELF:SPEAK YOURSELF」で60万枚を超えるチケットを売って936億ウォンに達する収益を上げたことが分かった。

14日(以下、現地時間)、ビルボードニュースによると防弾少年団は米国3都市で6回、ブラジルのサンパウロで2回、イギリスのロンドンとパリで4回など、12回の公演を行って60万6409枚のチケットを販売した。販売収益金は7890万ドル(約936億ウォン)と集計された。

ビルボードはボックススコアを引用して、米国では6回公演で29万9770枚のチケットを販売して4400万ドル(約522億ウォン)の収益を上げたと伝えた。防弾少年団は先月4~5日にロサンゼルスのローズボウルスタジアム、11~12日にシカゴのソルジャー・フィールド、18~19日にニュージャージー州メットライフ・スタジアムでそれぞれ2回ずつ舞台に立った。

彼らはまた5月25~26日にサンパウロのアリアンツ・パルケ、6月1~2日にロンドンのウェンブリー・スタジアム、7~8日にパリのスタッド・ド・フランスでの公演で3500万ドル(約415億ウォン)の収益を追加した。

ビルボードは「防弾少年団がローズボウルスタジアムで上げた収益は1660万ドル(約197億ウォン)で、会場のボックススコア史上最高の記録」とし、これまでのテイラー・スウィフト、U2、ビヨンセ&ジェイ・Z、エミネム&リアーナの記録を破ったと伝えた。
  • 毎日経済 デジタルニュース局 / 写真=BigHitエンターテイメント
  • 入力 2019-06-18 18:06:57