ファン・ハナ、パク・ユチョンとの麻薬2回を否定…7月10日に結審


麻薬容疑で拘束された南陽乳業創業者の孫娘ファン・ハナ(31)がパク・ユチョンとの2回の麻薬使用について証拠を要求した。

今日(19日)午前10時、水原(スウォン)地裁刑事1単独は麻薬類管理に関する法律違反の疑いを受けているファン・ハナの2次公判を開いた。

この日、薄緑色の囚衣を着たファン・ハナは午前10時15分頃、弁護士3人と一緒に法廷に入場した。ファン・ハナは黒いヘアピンを留めた落ち着いた姿で現れ、挨拶をして席に座った。

ファン・ハナは裁判中、顔を下に向けていた。

この日、弁護人は捜査機関の報告などに同意するとしながらも、13日に事実照会嘱託書を提出したと明らかにした。弁護人は捜査の過程で追加された容疑であるパク・ユチョンと麻薬を使用した容疑について、捜査機関が認知しているものと異なる部分があると主張し、「去る3月12日と13日(パク・ユチョンが麻薬を使用した当時)、ファン・ハナと同じ空間にいたのは事実だが、麻薬の使用はパク・ユチョンだけだった」と主張した。

裁判長はファン・ハナ側の要請に「追加で進行される事項ではなく、すでに終わった状況について答えを待っているもので長くはかからないと予想される」とし「特別な事情がなければ次の期日を結審(公判)にする」と明らかにした。ファン・ハナの次の公判の日程は7月10日午後2時に決まった。

ファン・ハナは2015年5~6月と9月、ソウルの自宅などで数回にわたってヒロポンを使用した疑惑と、昨年4月に向精神薬であるクロナゼパム成分が含まれた薬品2種を違法に服用した疑いなど、計3回にわたり麻薬を使用した疑いなどを受けている。ファン・ハナは4月、盆唐ソウル大学病院の精神科閉鎖病棟に入院していたところを警察に拘束され、麻薬類管理に関する法律違反の疑いで逮捕された。ファン・ハナは警察の取り調べの中でパク・ユチョンとの麻薬使用の事実を明らかにした。

ファン・ハナ側はこれに先立ち5日に行われた1次公判で裁判部にパク・ユチョンの捜査記録の一つであるパク・ユチョンとファン・ハナのカカオトークの会話内容を要請した。パク・ユチョン側が去る14日に開かれた初公判で公訴事実をすべて認めて裁判を終えたものとは全く異なる姿だ。ファン・ハナ側はこれに対して何の言及もしなかった。

ファン・ハナとパク・ユチョンの同伴麻薬使用疑惑はファン・ハナの警察の取り調べの過程で明らかになった。

ファン・ハナは警察の取り調べの中でパク・ユチョンと麻薬を使用した事実を明らかにし、記者会見まで開いて麻薬疑惑を否定していたパク・ユチョンは警察の取り調べの結果、ヒロポンを1.5グラム購入して7回にわたって投薬した疑いが明らかになった。2人は麻薬を誰が勧誘したのか、投薬を何回行ったのかをめぐり、お互いに異なる供述をしていることが分かった。パク・ユチョンは懲役1年6カ月と追徴金140万ウォンなどの求刑を受けた。パク・ユチョンの宣告公判は7月2日に予定されている。
  • 毎日経済 スタートゥデイ キム・ソヨン記者 / 写真=ファン・ハナSNS
  • 入力 2019-06-19 10:43:16.0