YGエンタ、BIGBANG T.O.P麻薬隠蔽のためハン・ソヒを海外に?


YGエンターテイメントがグループBIGBANG T.O.Pの麻薬の事実を隠蔽するために彼と一緒に麻薬を吸引したハン・ソヒを海外に出国させたという疑惑が提起された。

20日、韓国のディスパッチは2016年12月9日、ハン・ソヒが米国に出国した理由はT.O.Pの麻薬の事実を知ったYGエンターテイメントの勧誘によるものだと報道した。

報道によるとT.O.Pは2016年10月8日「○○から番号を聞いた」とハン・ソヒに先に連絡した。以後、2人の出会いが始まり、大麻も一緒に吸引した。

BIGBANGのカムバックを控えてT.O.Pの麻薬の事実を認知したYGエンターテイメントは歌手練習生だったハン・ソヒの所属事務所の代表と連絡を取って、外国に出国させることを勧めた。所属事務所の代表はハン・ソヒに「YGはお前が海外に出ることを願っているが、お前はどうだ」と質問し、ハン・ソヒはこれを受け入れた。

ハン・ソヒは12月9日に米国LAに出国し、BIGBANGは12月13日にカムバックした。

当初、米国に約1カ月滞在して1月初めに帰ってくる予定だったハン・ソヒだったが、計画とは異なり3カ月ほど滞在した。

これと関連してハン・ソヒは警察に「今年(2017)2月9日はT.O.Pが軍入隊する日だった。そこで会社の代表が私に外国に行くついでに2カ月ほど休んで来いと言った」と話した。

一方、ハン・ソヒは2017年、BIGBANGのT.O.Pと大麻を吸引した疑いで懲役3年、執行猶予4年、保護観察120時間、追徴金87万ウォンを宣告された。
  • 毎日経済 スタートゥデイ イ・ダギョム記者 | (C) mk.co.kr
  • 入力 2019-06-20 10:55:19