豪州の放送局がBTSに人種差別「爆弾、英語できない、ゲイ」暴言の数々


オーストラリアの公営放送がK-POPを代表するグループ防弾少年団(BTS)のニュースを伝えながら人種差別ともいえる発言をして非難を浴びている。全世界のARMYは防弾少年団への謝罪を要求している。

20日、オーストラリアの放送局SBS(Special Broadcasting Service)は、オーストラリアの公共放送「チャンネル9(Channel9)」のニュース番組『20 to One』で防弾少年団の人気コンテンツについて報道し防弾少年団だけでなく、彼らのファン、韓国までを嘲笑するような報道を行った。

19日夜(韓国時間)に放送された『20 to One』はワールドスター防弾少年団の人気について取り扱った。

しかし、内容はオーストラリアのコメディアンなど多数のインタビューイが登場して防弾少年団に対する人種差別、性差別のような嫌悪発言を続けるもので、韓国の政治状況をも嘲笑した。

番組では女性アナウンサーが「最高の人気を謳歌する防弾少年団!」と紹介すると、男性の司会者は「私は聞いたことがない。本当にイケてない。キム・ジョンウンが男性アイドル好きなら、今の韓国の戦争問題はなくなるかもしれない」と皮肉った。続いて「韓国で何かが爆発したというニュースを聞いて、爆弾だと思ったら防弾少年団だった。ところが、このグループを見てみると、爆弾が炸裂したことよりもイケてない」と嘲笑した。

続いて米国ビルボードチャートで1位になったというニュースを伝えて「英語のできるメンバーが一人しかいない」と皮肉った。また「BTSは良い。踊りも上手に踊って、歌は…」というコメントと一緒に一人のメンバーがミスをした映像を編集して放送した。

防弾少年団の「UN演説」について男性のインタビューイは「UNで演説したその内容は、おそらく…ヘアケア商品に関するものだった」と笑いを誘った。

性差別もためらわなかった。インタビューイは「防弾少年団のファンは強い。私が防弾少年団のファンにメンバーの中にゲイのメンバーはいるのかとTwitterで聞いてみた。聞いてみただけなのに私を攻撃した」と主張し、「ところで一人は明らかにゲイだろう。男性7人のうち一人はいる。それが数学だからだ」と勝手に推測した。

この放送映像はSNSを介してインターネット上で拡散され物議をかもしている。防弾少年団のファンクラブ「ARMY」はTwitterを介して「#channel9apologize#channel9apologizetoBTS @ 20toOne @ Channel9」などの関連ハッシュタグとともに放送局側に公式謝罪を要求している。

波紋が広がるとチャンネル9側はSBSを通じて「問題になった『20 to One』のエピソードは放送規定に違反していない」とし「ただ、防弾少年団の人気を強調するためにユーモラスに表現したものだ。不快に感じた視聴者たちに謝罪する」との立場を明らかにした。
  • 毎日経済 スタートゥデイ チャ・ユンジュ インターン記者 / 写真=Youtubeキャプチャ、スタートゥデイDB
  • 入力 2019-06-20 14:41:53.0