「ARMYを歓迎」BTSのファンミに合わせソウル市は紫色に


グループ防弾少年団(BTS)のソウルファンミーティングを記念してソウル市のあちこちが紫色に染まる。

ソウル市は防弾少年団のファンミーティングに合わせて来る21~23日の午後8時以降、ソウル市の主要施設を防弾少年団のシンボルカラーである紫色の照明で彩ると発表した。

防弾少年団がソウル市の名誉観光広報大使として活動しているだけに、ソウル市はファンミーティングの時間にソウル路7017、東湖大橋、漢南大橋、市庁新庁舎、ロッテワールドタワー、Nソウルタワー、セビッソムなどで紫色の照明を送出して防弾少年団のファンクラブ「ARMY」にソウルを広報するというのが目標だ。

一方、防弾少年団のファンミーティングは22日と23日の午前10時から午後9時40分まで、オリンピック公園体操競技場と88芝生の庭で行われる。ソウル市はファンミーティング終了時間帯である午後9時30分から1時間ほど、地下鉄9号線と蚕室一帯の市内バスの運行を増やす方針だ。
  • 毎日経済 スタートゥデイ イ・ダギョム記者
  • 入力 2019-06-21 10:19:10