フィットネスモデルのリュ・セビ、泥酔暴行疑惑を受けてSNS非公開に


韓国の有名フィットネスモデルのリュ・セビ(30)が泥酔暴行疑惑に包まれたなかで、連日オンラインで話題を集めている。

フィットネスモデルのリュ・セビは安養芸術高校、同徳女子大放送芸能学科を卒業、2017年にマックスキュー・マッスルマニア・フィットネス・コリアチャンピオンシップ・スポーツモデル・ショート部門で1位となって、頭角を現わし始めた。

2018年にはフィン・インターナショナル・マックスキュー・マッスルマニア・フィットネス・コリアチャンピオンシップ・スポーツモデル部門でグランプリを受賞し、マッスルマニア世界大会にも進出した。同年、マッスルマニアのラスベガス世界大会では、スポーツモデル部門で5位、ビキニショート部門で3位を記録したりもした。

また、ケーブルテレビチャンネルでフィットネススターとしての放送活動を続け、雑誌モデルとしてもキャリアを築いている。

一方、先立ってソウル江南警察署は暴行容疑で女性フィットネスモデルのAさん(30・女)を書類送検し、捜査中だと22日に明らかにした。 Aさんはこの日の午前4時、ソウル江南の有名クラブの前で通行人に噛み付いて蹴るなどの暴行を加え、これを止めに入った人の頬を殴った疑いを受けている。

Aさんは道に立っていた通行人にタバコをもらおうとして突然首に噛み付き、止めに入った人の頬を平手打ちしたことが分かった。 Aさんは泥酔状態でクラブの中で乱暴を働いて追い出されると、外で再び騒動を起こしたことが分かった。

以降、一部のメディアでこのフィットネスモデルがリュ・セビであると報道して話題になった。現在、リュ・セビは個人SNSのアカウントを非公開にし、沈黙を続けている。

リュ・セビのファンコミュニティーは22日、「江南のクラブ暴行事件の加害者がリュ・セビであるという疑惑に接して、惨憺たる心境だ。リュ・セビはあまりにも繊細な心を持っているが、自ら絶えず鍛えたからこそ、この場に立つことができた」とし「そのため、ファンはやむを得ない事情があったものと固く信じている」とリュ・セビを支持する声明を発表した。
  • 毎日経済 スタートゥデイ シン・ヨンウン記者
  • 入力 2019-06-24 07:47:52