iKON ジュネ、YGヤン・ヒョンソクのSNSフォロー解除


グループiKONのジュネがYGエンターテイメントのヤン・ヒョンソク元代表プロデューサーのSNSフォローを解除した。

ジュネは最近、自分のインスタグラムのアカウントのフォローリストからヤン・ヒョンソクを外した。一方、他のiKONのメンバーであるジナ、BOBBY、ユニョンなどをはじめ麻薬疑惑で物議をかもしてiKONから脱退したB.Iは今でもヤン・ヒョンソク前プロデューサーをフォローしている。

ジュネはiKONのメンバーとヤン・ヒョンソクなど、合計16人をフォローしていたが、ヤン・ヒョンソクのフォローを解除しながら15人へと減った。

ジュネの突然のヤン・ヒョンソク「フォロー解除」にネットユーザーの間で様々な推測が飛び交っている。

昨年、SBSのバラエティ番組に出演当時、ジュネは「ヤン・ヒョンソク代表とSNSで友人関係」と喜んでいた。そうしたジュネのヤン・ヒョンソク「切り」選択に様々な推測が飛び交っている状況だ。

一方、iKONのリーダーだったB.Iは去る2016年6月、歌手練習生出身のハン・ソヒから麻薬を購入して投薬した疑惑を受けている。

当時、ハン・ソヒは麻薬類管理に関する法律違反の疑いで緊急逮捕され、警察の取り調べを受けたが、B.Iは一度も捜査線上に浮上したことがなかった。

続いてハン・ソヒ側はヤン・ヒョンソク前プロデューサーがB.Iと関連して供述を覆すように懐柔、脅迫し、弁護士を選任してくれたと主張した。ヤン・ヒョンソク前プロデューサーは麻薬事件をもみ消したという疑惑について事実無根であると強調し、YGエンターテイメントのすべての職責と業務から退いた。

疑惑が浮上するとB.IはiKONを脱退したのに続いてYGエンターテイメントと専属契約が解約された。

  • 毎日経済 スタートゥデイ チャ・ユンジュ インターン記者 / 写真=ジュネ SNS
  • 入力 2019-06-26 09:30:13.0