WINNER、東京で日本ツアーをスタート「最高のパフォーマンス見せる」


グループWINNERが東京で6度目の日本ツアーの最初の火ぶたを切った。

WINNERは昨日(3日)午後、東京中野サンプラザで「WINNER JAPAN TOUR 2019」の最初のスタートを知らせながら日本のファンたちに会った。

今回のWINNER日本ツアーは初めてバンドと共にしてさらに完成度の高い舞台となった。バンドサウンドに合わせて編曲された曲とWINNERの成熟したボーカルがよく調和した素敵な舞台が繰り広げられた。

カン・スンユンは「今回のツアーは成長したWINNERの姿と一緒に最高のパフォーマンスをお見せしたい」とし「今とは違って、よりWINNERらしい舞台を作るために努力した」と期待感を刺激した。

WINNERは新曲「AH YEAH」をはじめとし、「REALLY REALLY」、「LOVE ME LOVE ME」、「EVERYDAY」など、夏のダンス曲から「EMPTY」、「COLOR RING」のようなバラード曲まで全25曲で約2時間を満たした。特に、セットリストの25曲がすべてWINNERの曲で埋められ、WINNERだけの音楽カラーを一度に確認できるという評価だ。

日本のファンも熱狂的な歓声で熱く応援し、瞬く間に会場を青色の光で染めた。

ファンはすべての曲を大きな声で歌って公演を楽しんだ。

最後にWINNERは「常にWINNERを応援してくださる皆さんに、再びライブステージを披露することができて幸せです。いつも幸せで忘れられない思い出を作っていただきありがとうございます」と心からの所感を伝えた。

一方、「WINNER JAPAN TOUR 2019」は来る15日の大阪ホール、17日の名古屋国際会議場センチュリーホール、28日の幕張メッセ展示ホール9、8月10日の東京オリンパスホール八王子、8月31日静岡市民文化会館大講堂、9月1日の愛知日本特殊陶業市民会館フォレストホール、9月14日の京都ローマシアター京都メインホール、9月16日のマリンメッセ福岡へとつながる。
  • 毎日経済 スタートゥデイ イ・ダギョム記者
  • 入力 2019-07-04 10:08:06