[全文] 韓国有名ユーチューバー、日本の化粧品とコラボで謝罪


韓国で「日本不買運動」が盛んに行われているなか、ビューティーユーチューバーのイサベが日本の化粧品のPPL(間接広告)をして批判の的となった。世論が激しくなるとイサベは謝罪文を公開して事態の鎮圧に乗り出した。

日本政府が4日、テレビやスマートフォン、ディスプレイの部品と、半導体製造工程に使われる3品目に対する韓国への輸出規制を報復的に厳しくすると、韓国のネットユーザーたちは「日本不買運動」で応酬しようとしている状況だ。このような中、イサベは7日、自身のYouTubeチャンネルに「強い日差しにびくともしない!ウォータープルーフバカンスそばかすメイク」という映像を公開し、日本の化粧品ブランド「キスミー」の商品を紹介した。これに対してネットユーザーたちは「日本不買運動が盛んなのに、時期的に適切ではない」と指摘した。

「日本の化粧品PPL」物議に包まれたイサベは8日、自身のYouTubeチャンネルを通じて謝罪文を公開した。イサベは「こんにちはチャンネル登録者の皆さん。イサベです。今回のキスミーの広告とイベント進行により失望して不快に感じられたすべての方に心からお詫び申し上げます」と謝罪した。

続いてイサベは「長く使用してきたキスミーの商品とウォータープルーフのストーリーがよく合ってPPLコラボを進行しましたが、現在のイシューと重なり、この商品をプロモーションすることはご指摘のように適切ではなかったことを悟りました」とし「慎重になれなかった点を深く反省し、該当のイベントを終了して、動画を非公開にすることにしました」と明らかにした。

また「敏感な事案に対して迅速に処理できなかった点は本当に申し訳ありません。このようなことが再び起こらないよう、さらに慎重を期すようにいたします。もう一度心からお詫び申し上げます」と締めくくった。

韓国のネットユーザーたちは「他のブランドを使用しましょう」、 「フィードバックありがとうございます」、「このようなことが他のユーチューバーの手本になるといいですね」、「フィードバックくださってよかったです」、「やはりイサベ、迅速なフィードバックありがとう」、 「私たち国民も賢明に判断して行動しなければならない」、「不買を続いていきましょう」、「フィードバックがすてき」など様々な反応を見せた。

一方、イサベは年間数億ウォンの収入を稼ぐ韓国最高のビューティーユーチューバーだ。個人チャネルを介して芸能人カバーメイクアップ、漫画・アニメメイクアップ、デイリーメイクチュートリアルなど様々なコンテンツを提供している。


以下はイサベのコメント全文

こんにちはチャンネル登録者の皆さん。イサベです。今回のキスミーの広告とイベント進行により失望して不快に感じられたすべての方に心からお詫び申し上げます。

長く使用してきたキスミーの商品とウォータープルーフのストーリーがよく合ってPPLコラボを進行しましたが、現在のイシューと重なり、この商品をプロモーションすることはご指摘のように適切ではなかったことを悟りました。

慎重になれなかった点を深く反省し、該当のイベントを終了して、動画を非公開にすることにしました。

敏感な事案に対して迅速に処理できなかった点は本当に申し訳ありません。このようなことが再び起こらないよう、さらに慎重を期すようにいたします。もう一度心からお詫び申し上げます。
  • 毎日経済 スタートゥデイ ユ・リム インターン記者
  • 入力 2019-07-09 10:44:03.0