カン・ジファン、事務所の女性従業員に性暴行容疑で緊急逮捕


俳優カン・ジファン(42)が女性を性暴行した疑いで警察に緊急逮捕された。

京畿広州警察署は9日午後10時50分頃、カン・ジファンを性暴行犯罪の処罰などに関する特例法上の準強姦の疑いで緊急逮捕したと10日、明らかにした。

カン・ジファンはこの日の午後、広州市の自宅でAさんやBさんなど所属事務所の従業員2人と酒を飲んだ後、2人が寝ていた部屋に入ってきてAさんを性暴行してBさんにもわいせつ行為をした疑いを受けている。

カン・ジファンは所属事務所の従業員たちと会食をした後、自宅でAさんなどと2次会の席を持ったことが分かった。

Aさんはこの日の午後9時41分頃、ソウルにいる友人に携帯電話のメッセージで「タレントのカン・ジファンの家で酒を飲んだが、今閉じ込められている」と警察に通報するようにお願いした。

通報を受けて出動した警察はAさんなどから「寝ていたときに性暴行とセクハラを受けた」という陳述を確保してカン・ジファンを自宅で緊急逮捕した。

カン・ジファンは警察の取り調べで「酒を飲んだことまでは覚えているが、それ以降は全く記憶がない」とし「目を開けてみるとAさんなどが眠っていた部屋だった」と述べたことが分かった。

警察はカン・ジファンを相手に1次調査をした後、留置場に収監した。この日の午前、再調査する方針だ。
  • 毎日経済 スタートゥデイ ヤン・ソヨン記者
  • 入力 2019-07-10 07:23:00