麻薬容疑ファン・ハナ、検察が懲役2年を求刑


検察が麻薬投薬疑惑を受けている南陽乳業創業者の孫娘ファン・ハナ(31)に懲役2年の刑を求刑した。

10日午後、京畿道水原地裁刑事1単独は麻薬類管理に関する法律違反の疑いを受けているファン・ハナの結審公判を開いた。

この日の公判で検察はファン・ハナに懲役2年を求刑した。検察は「被告人は何度もヒロポンを買収して投薬した。罪質が悪い点を考慮して懲役2年、追徴金220万560ウォンを宣告してほしい」と裁判部に要請した。

ファン・ハナの法律代理人は「公訴事実のほとんどを認めて深く反省している。公正な判決をお願いしたい。自分の犯していない犯行に対して記憶と異なる部分があるため、異なる陳述をしたものであり、犯行を反省していないわけではないことを理解してほしい」と善処を訴えた。

一緒に麻薬を投薬した元恋人パク・ユチョンについても言及した。弁護人は「2019年3月12日から翌日までの公訴事実について共犯者に対する恥ずかしさと裏切られた悲しみを感じており、今でも悔しい心情を訴えている部分を深く察していただきたい。被告人は共犯者の犯行を阻止するために最後の部分を一貫して自白し、積極的に捜査に協力した。被告は逮捕された後、3カ月を超えるあいだ拘置所に収監され、本人の誤った行動により良くない影響を及ぼしたことを反省している。再びこのようなことが発生しないようにする」と付け加えた。

ファン・ハナは最後に反省文を読んで嗚咽した。「社会的物議をかもした点を謝罪する。父と母と一緒に人生の希望を見たようだったが、それさえも消え、過去の過ちを考えると恥ずかしいが心から悟った。私の家族が激しい非難と消すことのできない傷を受けており、このことを拘置所で見ているしかなかった自分が恨めしい」とし「治療をして完全な人として、社会に復帰する」と明らかにした。ファン・ハナの最終宣告公判は19日午前10時に開催される。

ファン・ハナは2015年5~6月、9月、ソウルの自宅などで数回にわたってヒロポンを投薬した容疑と昨年4月に向精神薬であるクロナゼパム成分が含まれている薬品の2種を違法に服用した疑いなど、計3回にわたり麻薬を投薬した疑いなどを受けている。ファン・ハナは4月、盆唐ソウル大学病院精神科の閉鎖病棟に入院していたところを警察に発見され、麻薬類管理に関する法律違反の疑いで逮捕された。ファン・ハナは警察の取り調べの中にパク・ユチョンとの麻薬投薬の事実を明らかにした。パク・ユチョンは裁判で懲役10カ月に執行猶予2年を宣告され釈放された。
  • 毎日経済 スタートゥデイ シン・ヨンウン記者
  • 入力 2019-07-10 14:30:12