カン・ジファン、出演中のドラマから降板


『朝鮮生存記』の制作側が外注スタッフ女性2人に性的暴行をした疑いで緊急逮捕されたカン・ジファン(本名チョ・テギュ / 42)がドラマから降板すると発表した。

TV CHOSUN『朝鮮生存記』の制作会社ファイア・ブラザーズ・コリアは11日、公式資料を通じて「ハン・ジョンロク役のカン・ジファン俳優がドラマから降板したことをお知らせしたい」とし「配役交換のために現在俳優を探しており、円滑な放送再開のために最善を尽くしている」と明らかにした。

続いて「『朝鮮生存記』を応援してくださった多くの視聴者の皆さんに申し訳なく、早期に放送を正常化させたい」と謝罪した。

カン・ジファンは去る9日午後10時50分頃、広州市にある自宅で性暴行犯罪の処罰などに関する特例法上の準強姦容疑で緊急逮捕された。カン・ジファンは所属事務所の外注スタッフの女性AさんとBさんの2人と自宅で酒を飲んだ後、2人が寝ていた部屋に入ってAさんを性暴行してBさんにも性的嫌がらせをした疑いを受けている。京畿広州警察署は今日(11日)、準強姦容疑でカン・ジファンの拘束令状を申請した。
  • 毎日経済 スタートゥデイ イ・ダギョム記者
  • 入力 2019-07-11 11:53:37