[全文] カンイン、SUPER JUNIOR脱退を発表


カンイン(34)がSUPER JUNIOR脱退を発表した。

11日、カンインは自分のインスタグラムのアカウントを通じて「こんにちは。カンインです。本当に久しぶりに皆さんに知らせを伝えますね。良くない知らせなので心が重たいですが、苦心の末に文を書きます」と前置きしてコメントを発表した。

カンインは「私は今、長いあいだ一緒だった「SUPER JUNIOR」という名前を手放そうと思います。常にメンバーには申し訳ない気持ちばかりでした。一日でも早く決心することが正しいと常に考えてきましたが、醜い私を変わらずに応援してくださる方々と会社の人たちが心に引っかかりなかなか勇気を出せず、どれひとつをとっても私一人で決定してはならないと考えてきました」と脱退を発表した。

カンインは「しかし、私の問題により苦しむメンバーを見ながらこれ以上は遅らせてはいけないという判断をするようになりました」とチームのために脱退を決意したことを明らかにした。

カンインは「何よりも14年という長いあいだ常に過分な愛をくださったE.L.F.の皆さんに最も申し訳ない気持ちです。たくさん遅れましたが、SUPER JUNIORという名前から離れて一人で歩く道においても常に申し訳ない気持ちと感謝の気持ちを胸に刻んで歩みます。最後まで私を配慮してくれたメンバーたちと会社の方々には本当に感謝します」と感謝の気持ちを伝えた。

カンインはSUPER JUNIOR脱退後にも所属事務所SMエンターテイメントとの契約は維持される。

カンインは2005年にSUPER JUNIORのメンバーとしてデビューし、大きな愛を受けた。しかし、暴行事件などの騒動が続きファンを失望させた。


以下はカンインのコメント全文

こんにちは。カンインです。本当に久しぶりに皆さんに知らせを伝えますね。

良くない知らせなので心が重いですが、苦心の末に文を書きます。

私は今、長いあいだ一緒だった「SUPER JUNIOR」という名前を手放そうと思います。

常にメンバーには申し訳ない気持ちばかりでした。

一日でも早く決心することが正しいと常に考えてきましたが、醜い私を変わらずに応援してくださる方々と会社のみんなが心に引っかかりなかなか勇気を出せず、どれひとつをとっても私一人で決定してはならないと考えてきました。

しかし、私の問題により苦しまなくてもいい事を経験するメンバーを見ながらこれ以上は遅らせてはいけないという判断をするようになりました。

何よりも14年という長いあいだ常に過分な愛をくださったE.L.F.の皆さんに最も申し訳ない気持ちです。

たくさん遅れましたが、SUPER JUNIORという名前から離れて一人で歩く道においても常に申し訳ない気持ちと感謝の気持ちを胸に刻んで歩みます。

最後まで私を配慮してくれたメンバーたちと会社の方々には本当に感謝します。

いつもSUPER JUNIORが常勝疾走することを応援します。

ありがとうございます。
  • 毎日経済 スタートゥデイ ソン・ジョンウン記者
  • 入力 2019-07-11 13:37:37