[全文] ソ・ジソブ&2PMテギョン側「度を越えたプライバシー侵害に強硬対応」


俳優ソ・ジソブと2PMテギョンなどが所属する51kがネット上の誹謗中傷やプライバシーの侵害に対する積極的な対応を予告した。

12日、51kは公式ホームページとSNSなどに「現在も度を超えたプライバシーの侵害によりアーティストの苦しみと被害が深刻なだけに、一部のファンにお願い申し上げたい」というコメントを載せた。

所属事務所は「現在に至るまで、アーティストのプライバシーと人格権を侵害して被害を及ぼす行為が根絶されていない。一部のファンの望ましくない行動のためにアーティストは深刻な精神的ストレスを受けており、当社は個人情報を不正に取得して無分別に連絡を試みたり、悪意のある誹謗中傷、侮辱を与える文章を継続的に書き込むネットユーザーに対してはこれ以上は座視しない」と明らかにした。

続いて「アーティストのプライバシーの侵害とデマの生産と流布は、サイバー名誉毀損や侮辱罪などを根拠に即時に告訴と刑事処罰が可能だ」とし「この後に発生するファンのすべての行為に対して積極的に対応する予定で、継続的なモニタリングと積極的な対応によりアーティストの権益保護に最善を尽くしたい」と付け加えた。


以下は51Kの立場全文

こんにちは。51kです。

まず51kの所属アーティストを大切にして応援する気持ちから、多くの関心と愛を送ってくださるファンの皆さんに感謝の言葉を申し上げます。

現在、度を越えたアーティストのプライバシーと人格権を侵害して被害を及ぼす行為が根絶されておりません。

一部のファンの望ましくない行動によりアーティストは深刻な精神的ストレスを受けており、当社は個人情報を不正に取得して無分別に連絡を試みたり、悪意性の濃い誹謗中傷、侮辱を与える文の書き込みを続けるネットユーザーに対して、これ以上は座視をしない予定です。

アーティストのプライバシーの侵害とデマの生産と流布はサイバー名誉毀損罪と侮辱罪などを根拠に即時の告訴と告発、刑事処罰が可能です。

51kは、これから発生するファンのすべての行為に対して積極的に対応する予定で、継続的なモニタリングと積極的な対応によりアーティストの権益保護に最善を尽くしてまいります。

改めて当社所属アーティストを愛してくださって大切にしてくださるすべての方々に感謝申し上げ、変わらない温かい激励と応援をお願いします。
  • 毎日経済 スタートゥデイ ハン・ヒョンジョン記者
  • 入力 2019-07-13 10:01:10