ソ・ジソク、カン・ジファンに代わり「朝鮮生存記」出演決定


俳優ソ・ジソクがカン・ジファンの代役として『朝鮮生存記』に合流した。制作会社側は27日の放送再開を確定した。

TV CHOSUN『朝鮮生存記』の制作会社であるHUAYI BROTHERS KOREA側は15日、「主人公役にソ・ジソク俳優が最終的に合流することになった」と明らかにした。

制作会社は「現在『朝鮮生存記』はキャスティングを確定して早めに撮影に突入する計画で、次の週の土曜日(27日)から11話の放送を再開する予定」と明らかにした。

制作会社は引き続き「『朝鮮生存記』を待ってくれた多くの方にご了承願い、最後までウェルメイド作品を完成させ視聴者の方々の期待に応えられるように最善を尽くしたい」と付け加えた。

先立って『朝鮮生存記』は主人公だったカン・ジファンが準強姦容疑で物議をかもしてドラマから降板して制作が中断された状態だった。
  • 毎日経済 スタートゥデイ パク・セヨン記者
  • 入力 2019-07-15 15:54:28