[全文] カン・ジファンが謝罪「すべての容疑認め贖罪して生きる」


性的暴行の疑いで逮捕された俳優カン・ジファン(42 / 本名チョ・テギュ)が容疑を認め、公式に謝罪した。

カン・ジファンは15日、自身の法律代理人である法務法人ファヒョンを通じて「すべての容疑を認め、私の取り返しのつかない過ちにより深く傷ついた被害者の方々に心から謝罪します」と謝罪した。

カン・ジファンは「今回のことでご心配をおかけした多くの方々にも申し訳ございません」とし「私の過ちに対する罰を甘受して、贖罪して生きていきます」と謝罪の意を明らかにした。

カン・ジファンは去る9日午後10時50分頃、京畿広州市の自宅で女性スタッフ2人に強制わいせつした疑いで緊急逮捕された(性暴行犯罪の処罰などに関する特例法上の準強姦容疑)。カン・ジファンは女性スタッフ2人と自宅で酒を飲んだ後、2人が寝ている部屋に入って1人を性的暴行し、別の1人にも強制わいせつした疑いを受けている。

緊急逮捕された後、盆唐警察署の留置場に収監されたカン・ジファンは去る12日、水原地方法院(地裁)城南支院が拘束令状を発行し、拘束状態で調査を受けている。今回の事件で出演していたTV CHOSUNの週末ドラマ『朝鮮生存記』からも降板した。


以下はカン・ジファンの立場全文

カン・ジファンの弁護人、法務法人ファヒョンです。カン・ジファンの公式立場を伝達します。


カン・ジファンです。

すべての容疑を認めて、私の取り返しのつかない過ちにより深く傷ついた被害者の方々に心から謝罪します。

今回のことでご心配をおかけした多くの方々にも申し訳ございません。

私の過ちに対する処罰を甘受して、贖罪して生きていきます。

重ねて申し訳ありません。

カン・ジファン
  • 毎日経済 スタートゥデイ パク・セヨン記者
  • 入力 2019-07-15 21:46:46