Samuelの父、メキシコで遺体で発見…他殺の可能性


歌手Samuel(キム・サムエル)の父親であるホセ・アレドンドが遺体で発見された。

16日(現地時間)、米国のローカル放送局のKGETは「ベーカーズフィールドの自動車ディーラー、ホセ・アレドンドがメキシコのカボ・サン・ルカスで殺害されたと推定される」と知人の言葉を借りて報道した。

他のローカルメディアも「ホセ・アレドンドはこの日午前、自宅で遺体で発見された」と伝えた。

ホセ・アレドンドは米国南カリフォルニアで自動車ディーラーや不動産会社を所有している有名な事業家だ。

過去、Samuelはホセ・アレドンドの自動車ディーラーの広告に出演したりもした。捜査当局は具体的な死亡原因について調査中であることが分かった。

Samuelは2017年に放送が終了したMnetのオーディション番組『PRODUCE 101 シーズン2』で注目を集め、ソロでデビューした。最近、独立を予告しながら所属事務所BRAVEエンターテイメントと法的紛争中だ。BRAVEエンターテイメント側は「該当記事を見た。確認する方法がない」という短い立場を明らかにしたと伝えられた。
  • 毎日経済 スタートゥデイ チン・ヒャンヒ記者
  • 入力 2019-07-18 07:55:57