パク・ボゴムが満面の笑み…広告で元気いっぱいの姿


パク・ボゴムが広告で特有の爽やかで心地よい笑顔を見せた。

パク・ボゴムが夏を迎えて友達と一緒に爽快な「見慣れないときめき」でいっぱいの旅をする現場が公開された。見知らぬ地へと旅立って期待でいっぱいのパク・ボゴムの姿がキャッチされたのは、まさに130年にわたり世界の人々の日常の中に爽快な幸せを伝えてきたコカ・コーラの2019夏のキャンペーン「コーク・サマートリップ」広告撮影現場だ。

公開されたビハインドカットの中のパク・ボゴムは夏の雰囲気が漂う森の中でコカ・コーラのキャンピングカーを背景に、友達と一緒に新しくもときめきいっぱいの旅を楽しんでいる。

まぶしいビジュアルとさわやかな笑顔でときめく夏を満喫するパク・ボゴムの姿は見る人まで一緒にいるかのような爽快さ感じさせる。

友達と一緒に旅に出たパク・ボゴムの「コーク・サマートリップ」の爽快な瞬間をカットごとに豊かに表現し、様々な魅力を見せている。コカ・コーラを飲みながら楽しくおしゃべりをしたり、友達に囲まれてギター演奏に酔いしれたような顔をするパク・ボゴムの姿は爽やかな夏の中に吸い込まれたようだ。

また、小さな風船を持っていたずらをしたり、コーラを持って面白い表情を浮かべて遊び心あふれる魅力を披露して愉快な笑いを誘う。


この日の現場でパク・ボゴムは暑いなかでも気持ちのいい笑顔と明るいエネルギーでスタッフと演技者たちに活力を吹き入れて、撮影現場の雰囲気をリードしたという。またパク・ボゴムは様々な表情演技で実際に旅行しているかのような感覚を実感できるように表現してスタッフたちの賛辞を受けたという。

コカ・コーラ社の関係者は「暑い夏に繰り返される日常の中で特別な経験をしたいという消費者の五感を満足させる、見知らぬ経験を通して爽快な楽しさを提供するため今年の夏「コーク・サマートリップ」キャンペーンを企画した」とし、 「期待を超えるときめきの旅行はもちろん、サマーキャンペーンモデルのパク・ボゴムと一緒のテレビ広告など、さまざまなマーケティング活動を通じて消費者に忘れられない爽快な夏をプレゼントする予定だ」と明らかにした。

一方、130年余りの間、世界の人々の日常の中に爽快な幸せを伝えてきたコカ・コーラは毎年夏に見るだけで涼しく、爽快さが感じられる広告映像と多彩なイベントを披露し、消費者から愛されている。
  • 毎日経済 スタートゥデイ ソン・ジョンウン記者
  • 入力 2019-07-18 08:57:25