ウォンビン&イ・ナヨン夫婦、ソウル三成洞の単独住宅に…50~70億ウォン推定


ウォンビンとイ・ナヨン夫婦がソウル市三成洞に新しい家を建てた。

22日、スターニュースは「ウォンビンとイ・ナヨンがソウル市三成洞に新しい家を建てて引越した」と報道した。

報道によるとウォンビンは去る2014年7月、ソウル市江南区三成洞近くの地下1階、地上3階の一戸建て住宅新築許可を江南区庁から受け取った後、老朽住宅を完全に取り壊して建築面積33.9坪(112.09㎡)、延べ面積101坪(333.95㎡)の一戸建て住宅を建てた。この建物は2018年末に完成し、2人はその後ここに移転して居住しているという。

不動産の専門家はこの付近の相場が坪当たり6000万ウォン程度と策定されており、この建物は地価と建物工事費などを総合して50億ウォンから70億ウォン台と推定されると明らかにした。

一方、ウォンビンとイ・ナヨンは去る2015年に結婚式を挙げ、その年に男の子が誕生している。
  • 毎日経済 スタートゥデイ キム・ソヨン記者
  • 入力 2019-07-22 16:53:06