チョン・ヘインのファン、デビュー6周年記念して一人親家庭に寄付


俳優チョン・ヘインのファンがチョン・ヘインのデビュー6周年を記念してホルト児童福祉会に寄付をした。

ホルト児童福祉会(会長キム・ホヒョン)は30日、「俳優チョン・ヘインのファンの集まりである「チョン・ヘインのヘンダーランド」のメンバーが26日、チョン・ヘインのデビュー6周年を記念するためにホルト児童福祉会に後援金を伝達した」と明らかにした。

今回の後援金は最近惜しまれつつ最終回を迎えたMBCのドラマ『春の夜』でチョン・ヘインがシングルファザー(ユ・ジホ)役を熱演したことをきっかけに、一人親家庭を支援するためにホルト児童福祉会に後援することになったという。

ホルト児童福祉会の担当者は「ファンがスターと一緒に分かち合いに参加しており、感謝している」とし、デビュー記念後援金は助けが必要な一人親家庭の生活費と養育費として全額使用すると明らかにした。

一方、チョン・ヘインのファンの集い「チョン・ヘインのヘンダーランド」は現在165人のファンが活動しており、様々な分かち合い活動を行っている。
  • 毎日経済 スタートゥデイ イ・ダギョム記者
  • 入力 2019-07-30 11:20:09