イ・ジョンソク側「熱愛説、兵役中の営利活動、全従業員が退社」を全て否定


この程度ならイ・ジョンソクの日だ。午前には同じ所属事務所の後輩であるHELLOVENUSナラとの熱愛説で、午後には軍服務中の営利活動疑惑で、夕方には事実上、所属事務所のスタッフが全員退社したという報道までされた。イ・ジョンソク側はすべてのことについて「事実無根」だと反論した。

イ・ジョンソク側が1日、軍人の身分で自分の所属事務所A-MANプロジェクトの事業に関与して営利を追求したという疑惑について「入隊前に社内取締役を辞任した」と明らかにした。

A-MANプロジェクト側は同日、報道資料を通じて「イ・ジョンソクは登記簿に社内取締役として登載されていない。イ・ジョンソクは3月入隊前の2月20日すでに社内取締役を辞任した」と発表した。

続いて「クォン・ナラ(HELLOVENUSナラ)は5月に専属契約を締結しており、これに関連して公式業務も該当マネージャーたちが実行した」とし「イ・ジョンソクは関連した法規を認識して、現在誠実に軍服務中だ。人と人との間でやりとりする人間的な対話や交流など、極めて私的な部分まで営利行為を追求するものだと追及するのは悔しい面がある」と釈明した。

この日午前、あるメディアはイ・ジョンソクとナラが現在熱愛中でナラが最近所属事務所をA-MANプロジェクトに移したこともイ・ジョンソクが恋人として助けたと報道した。

これにより、一次的には2人の熱愛説が、後には社会服務要員として軍代替服務中のイ・ジョンソクが実質的に会社の代表としてナラをスカウトした場合、これが軍服務中の営利行為に当たるのではないかという疑惑が追加で提起された。

これにより所属事務所はその疑惑に反論する一方で「ナラとの熱愛説について事実無根であることをもう一度申し上げる」と強調した。

しかし、これで終わりではなかった。夕方にはA-MANプロジェクトの全従業員が退社し、すべてのマネジメント業務を外注に任せて運営しているとの報道がされた。

A-MANプロジェクト側は「会社内のマネージャーだけでも3~4人いる。全員が退社したというのは事実と異なる」と再び反論した。

現在、同社の法人登記簿謄本上の社内取締役はイ・ユンソン室長だ。イ・ジョンソクがYGエンターテイメント所属当時に縁を結んだマネージャーで、去る7月9日に社内取締役に登載された。

過去に社内取締役に登載されていた人物が4月に退社し、自然と他の人物に変わったことが分かった。

社内代表取締役にはイ・ジョンソクの弟であるイ・ジョンヒョクさんが登載されている。昨年5月14日に社内代表取締役に登載、ただし会社運営は長年のマネージャー経験のあるチャ・ガンフン代表が務めている。

最後に、A-MANプロジェクト側は「所属俳優に対するデマ量産に法的対応を検討中」とし、強硬対応方針について明らかにした。
  • 毎日経済 スタートゥデイ ハン・ヒョンジョン記者
  • 入力 2019-08-01 21:25:16