[公式] チョン・ユミ側「DHC本社側の妄言に深い遺憾、モデル活動中断を要請」


女優のチョン・ユミ側が日本の化粧品ブランドDHCの嫌韓放送に対する公式立場を明らかにした。

チョン・ユミの所属事務所ACEファクトリーは12日、公式報道資料を通じて「DHC本社側の妄言に対して深い遺憾を表する」とし「今回のDHC本社側の発言に重大な深刻性を感じてチョン・ユミの肖像権使用撤回とモデル活動中断を要請した」と明らかにした。

続いてチョン・ユミのSNSに投稿された関連した写真が物議を醸したことと関連しては「チョン・ユミのSNS内にあるDHC関連投稿も削除された状態」とし「また該当の企業との再契約も絶対に行わないことをお伝えする」と付け加えた。

先立ってDHCが運営しているDHCテレビの時事番組「真相深入り!虎ノ門ニュース」では10日、韓国の日本製品不買運動を「韓国はもともとすぐ熱くなってすぐ冷める国」と卑下して、日本がハングルを作って配布したという歴史歪曲発言をして波紋を呼んだ。

特に慰安婦平和の少女像について「私が現代美術と紹介しながら性器を見せても大丈夫なのか」とした。

これに対して多くのインターネットユーザーはDHC側に謝罪と説明を要求した。しかし、DHC側は謝罪の代わりに動画サイトYouTubeとSNSインスタグラムのアカウントのコメント欄を閉じた。これに怒ったネットユーザーたちはDHC不買運動を繰り広げ、「#さよならDHC」というハッシュタグと一緒に退出運動が広まった。また、物議が大きくなると昨年4月からDHCモデルとして活動中のチョン・ユミに非難するコメントが殺到してモデル活動停止が要求されていた。


以下はチョン・ユミDHC広告契約と関連したACEファクトリー公式立場全文

こんにちはACEファクトリーです。

チョン・ユミのDHC広告契約と関連して当社の公式立場をお伝えします。

まず、DHC本社側の妄言に対して深い遺憾を表します。

当社はDHC KOREAとチョン・ユミのビューティーモデル契約を2018年に締結しました。チョン・ユミのSNSに掲載されたDHC商品の写真は既存の広告契約に含まれている条項でした。

しかし、今回のDHC本社側の発言に重大な深刻性を感じてチョン・ユミの肖像権使用撤回とモデル活動の中断を要請しました。チョン・ユミのSNS内にあるDHC関連投稿も削除された状態です。

加えて該当の企業との再契約も絶対に行わないことをお知らせします。

ありがとうございます。

ACEファクトリー
  • 毎日経済 スタートゥデイ シン・ヨンウン記者
  • 入力 2019-08-12 17:06:38