Secret出身チョン・ヒョソン、2年にわたる専属契約紛争が終結


Secret出身のチョン・ヒョソン(29)の専属契約をめぐる前所属事務所TSエンターテイメントとの紛争が2年ぶりに完全に終結した。

ソウル高裁は7月22日、2017年9月から続いてきた歌手チョン・ヒョソンと前所属事務所間の専属契約効力不存在確認事件と関連して両者間の専属契約効力が存在しないという内容の和解勧告決定を下した。

これに法務法人イェヒョンは両者が異議を提起しないことにより、12日に和解勧告の決定が確定したことを明らかにした。

2年近く続いた歌手チョン・ヒョソンの専属契約紛争は完全に終結され、チョン・ヒョソンは法的攻防から脱して自由の身となった。

ヒョソンは「これまで困難な状況でも耐えられるように支えてくれたファンの皆さんの愛と応援に感謝する」とし、「今後、さらに新しい活発な活動で皆さんの声援に報いる」という決意の言葉を伝えた。

一方、チョン・ヒョソンはJTBC2の『今日の運勢』でMCを引き受け、シン・ドンヨプ、SUPER JUNIORのシンドンと一緒に呼吸を合わせている。

また最近、江原道華川と釜山で行われた「釜山海祭り」のイベントを盛況裏に終えており、今後、放送とYouTube、広告などを行き来しながら、より活発な芸能活動とファンとの疎通に力を注ぐ計画だ。
  • 毎日経済 スタートゥデイ シン・ヨンウン記者
  • 入力 2019-08-14 09:34:12