元T-ARAのアルム、来年一般男性と結婚「いつも幸せでいます」


T-ARA出身のアルムが2020年、一般人の男性と結婚する。

アルムは14日、自身のSNSに「私は26歳というれっきとした成人になったこの年齢で、ついにお嫁に行くことになりました」とし「2020年2月9日の良い日に結婚式場の予約ができました」と結婚の便りを知らせた。

続いて「私はもうこれから生きていくうえで一人ではなく愛する人がいるという事実を記憶して、何をするにもさらに責任感を持ち、世の中にもっと良い影響を与えることのできる正しい人になることができるよう、さらに真っ直ぐに生きていきます」と明らかにした。

それとともにアルムは「私が愛する人は事業と職場生活を送っている、私と違って穏やかな波のなかで誰かの視線により苦しんだ時期を送ったことのない人」とし「皆さんが温かい気持ちでこの人に被害を与える行動を避けてくれるだろうと信じています。本当に大切で善良な人なので、傷つくような行動は控えてください」と一般人である結婚相手への過度の関心を自制するよう呼びかけた。

最後にアルムは「これまで本当に多くの試行錯誤とたくさんの感情の起伏により疲弊していましたが、再び元気を取り戻しました。頑張って走ってみようと思います。今私が走っている道の先に皆さんがいるならこの上なく幸せですが、そうでなくてもいつも幸せでいます。愛して感謝します」とファンに感謝の気持ちを伝えた。

一方、2012年、T-ARAのミニアルバム『DAY BY DAY』でデビューしたアルムはユニットであるT-ARA N4としても活動した。
  • 毎日経済 スタートゥデイ イ・ダギョム記者
  • 入力 2019-08-14 11:20:36