ク・ヘソン、離婚望むアン・ジェヒョンに「私は家庭を守りたい」


ク・ヘソンとアン・ジェヒョン夫婦が結婚から3年にして離婚の危機を迎えた中で、所属事務所であるHBエンターテイメント側が18日、「確認中」とコメントした。

ク・ヘソンはこの日、自分のインスタグラムを通じて「倦怠期に心変わりした夫は離婚を望み、私は家庭を守りたい」と直接明らかにした。

続いて「(来週、夫側から報道記事を出すそうですが、全く事実ではないことをお知らせします)」と付け加えて自分は離婚を望まないという立場を伝えた。

続いてク・ヘソンはアン・ジェヒョンと離婚と関連して交わしたメッセージを公開した。アン・ジェヒョンは「すでに一昨日、3日前に渡された合意書とメディアに送るコメントを来週発表すると『新西遊記』側に話した状況だ」と明らかにした。それに対してク・ヘソンは「来週ではなく、母の状態を見ながら」とし、「私にとって新西遊記が私の母の状態よりも重要ではない」と離婚のニュースにショックを受ける母を心配した。

アン・ジェヒョンは続いて「すでに合意しており、書類だけが残った。今では意味のない出会いであるようだ。予定通り進行して、お義母さんには会うから」とし「私が電話をしなかったわけではないでしょう」とした。

ク・ヘソンは「会うことにしたんでしょう。会ったら連絡してほしい」とし、「結婚するときに説得したように、離婚に対する説得も責任を持ってしてほしい。書類の整理は難しいことではない」と答えた。

アン・ジェヒョンはしかし「直接会って何を言ってばいいのか分からない」としながら通話で話をしたいと伝えると、ク・ヘソンは「私の母より仕事が先なの?それでも責任を負うべきでしょう。情け容赦なくふるまえば私も黙ってはいない」とし「結婚するときに話した言葉の責任をとれないことは直接会って謝罪して」と怒った。

ク・ヘソンとアン・ジェヒョンは2015年に放送されたKBS 2TVドラマ『ブラッド』に出演したことをきっかけに交際をスタートさせ、2016年に結婚した。2人は2017年tvN『新婚日記』を通じて夫婦生活を公開していた。
  • 毎日経済 スタートゥデイ チン・ヒャンヒ記者
  • 入力 2019-08-18 08:19:59