アン・ジェヒョンの「新西遊記」出演や番組制作など「すべて未定」


ク・ヘソン(35)とアン・ジェヒョン(32)が離婚関連で暴露合戦を続けている中で、tvNのバラエティ番組『新西遊記7』側が立場を明らかにした。

『新西遊記7』側は23日、毎日経済スタートゥデイに「『新西遊記7』の制作や編成など確定された部分は何もない」とし「アン・ジェヒョンの『新西遊記7』出演有無も確認できない」と明らかにした。

アン・ジェヒョンは2016年に『新西遊記2』に合流した後、昨年放送された『新西遊記6』まで共にして視聴者たちに愛された。

一方、ク・ヘソンとアン・ジェヒョンは2015年にドラマの共演を通じて出会い、翌年結婚した。

おしどり夫婦として有名だったク・ヘソンとアン・ジェヒョンだったが、18日にク・ヘソンがSNSに「倦怠期に心変わりした夫は離婚を望み、私は家庭を守りたい」と暴露して離婚の危機が明らかになり、暴露合戦によりお互いのイメージにも大きな打撃を与えている。

以後、ク・ヘソンは「アン・ジェヒョンが女性と酔った状態で緊密な連絡を交わした」と追加で暴露し、アン・ジェヒョンは「ク・ヘソンの主張は事実ではない」と反論した。ク・ヘソンはアン・ジェヒョンの主張に再び反論して泥沼の戦いを続けている。

2人の不和によりアン・ジェヒョンが出演予定のドラマとバラエティにも注目が集まった。アン・ジェヒョンは11月放送予定のMBCの新ドラマ『欠陥ある人間』に出演する予定だ。
  • 毎日経済 スタートゥデイ シン・ヨンウン記者
  • 入力 2019-08-23 10:53:19