BIGBANG V.Iが賭博認める「2億を儲けた」


30日に韓国で放送されたKBS2の『芸能街中継』では海外遠征賭博疑惑で取り調べを受けたヤン・ヒョンソクとV.Iのニュースが伝えられた。

この日、海外遠征賭博疑惑で立件され出頭したヤン・ヒョンソクは無許可外国為替取引の疑い、性接待疑惑について「警察の取り調べを誠実に受けたい」という答えを繰り返した。

専門弁護士は「賭博の場合、同種前科がない場合は実刑が下されない」としながらも「ヤン・ヒョンソクの場合には、業務上横領罪になる可能性がある。また、賭博の回数も多く、時期や規模が大きいため実刑が宣告される可能性も排除できない」と説明した。

23時間の取り調べを受けて取材陣の前に姿を現したヤン・ヒョンソクは「警察の取り調べを誠実に受けました。事実関係について詳しく説明しました」と伝えた。

一方、3月に常習賭博疑惑について否定していたV.Iは5カ月ぶり​​に賭博の事実を認めると立場を翻した。

3月に取材をしていた担当記者はV.Iのモバイルメッセンジャーの内容を公開した。そこには「2億を儲けた」などの具体的な賭博の状況が書かれていた。

記者は「当時、V.Iさんと電話で話しながらため息をつき、すごく悔しいと感じているんだと思った。当時は遠征賭博と売春斡旋容疑を否認していた」とし「V.Iが(8月)28日の取り調べを受けて翌日に弁護士と通話をしたが。海外遠征賭博と関連して賭博を認めていると話した」と説明した。
  • 毎日経済 スタートゥデイ イ・ヌリ客員記者
  • 入力 2019-08-30 20:44:02