「三食ごはん」予告編にナム・ジュヒョクがゲストで登場 ギャグも披露


『三食ごはん 山村編』に3人目のゲスト、ナム・ジュヒョクが登場した。

6日に韓国で放送されたtvNのバラエティ番組『三食ごはん 山村編』にはヨム・ジョンア、ユン・セア、パク・ソダムの山村での日常が公開された。

この日、オ・ナラは出発前に最後の料理としてブンボーサオとチャジョを作った。ユン・セアは「ソースが本当においしい」とオ・ナラが作ったヌクマムソースを絶賛した。

パク・ソダムはブンボーサオの味に感動し「本当にさわやかでおいしい」と食べ続けた。

ヨム・ジョンアは「私たち、毎日刺激的なものだけ食べたでしょう」とブンボサオとチャジョの淡白な味をよろこんだ。オ・ナラは「おいしく食べてくれてありがとう」と伝え、ユン・セアは「とてもおいしい。これなら三食を毎日食べることができる」と肯定的に回答した。

数日後、ヨム・ジョンア、ユン・セア、パク・ソダムは再び山村の家を訪れた。ヨム・ジョンアはキム・ナウンが作ってくれたキムチを持ち込んで、2人に自慢した。ヨム・ジョンアは制作陣の顔色を見て、「私たちにはキムチがないでしょう」と哀願し、制作陣は「ひとまずは食べてください」と答えた。

続いてヨム・ジョンアはパク・ソダムから市が立ったという話を聞いた。ヨム・ジョンアは制作スタッフに現金の前貸しを要求し、制作陣はトウモロコシを収穫してトウモロコシの畑を整えることと引き換えにお金を貸してあげると答えた。ヨム・ジョンアは「何をしたとしても5万ウォンくらいは稼げるはず?」と制作陣から現金5万ウォンを受け取った。

昼食を準備しようとしたヨム・ジョンアは、簡単なテーブルを作ろうと提案した。また、ヨム・ジョンアはかまど同士の距離が近すぎると、かまども移動する必要があると付け加えた。ヨム・ジョンアのアイデアとユン・セア、パク・ソダムの労働力が出会って三食ハウスのリフォームが完成した。

以後、ヨム・ジョンアはお昼のメニューにビビンバとキムチもやしスープを作った。

ユン・セアは「とてもおいしくて涙が出そう」と伝えた。スープを飲んだパク・ソダムは一言で味を表現した。

一方、予告編にはゲストとしてナム・ジュヒョクが登場し、3人から拍手を受けた。ハンサムな外貌のナム・ジュヒョクはギャグまで披露し、現場を爆笑させた。
  • 毎日経済 スタートゥデイ イ・ヌリ客員記者
  • 入力 2019-09-06 23:01:47