是枝裕和監督、第24回釜山国際映画祭で「今年のアジア映画人賞」に


第24回釜山国際映画祭の「今年のアジア映画人賞(The Asian Filmmaker of the year)」の受賞者に、アジアを越えて世界的な名声を博している是枝裕和監督が選ばれた。「今年のアジア映画人賞」は毎年アジア映画産業と文化の発展に最も優れた業績を残したアジアの映画人や団体に贈られる賞だ。

是枝裕和監督は2018年のカンヌ映画祭にて『万引き家族』(2018)でパルムドールを受賞し、名実共に世界的な巨匠としての地位を確固たるものにした。彼は『誰も知らない』(2004)、『そして父になる』(2013)、『海街diary』(2015)、『万引き家族』など、作品ごとに「家族」を素材に時代を貫く洞察力でメディア評論家と観客から愛されてきた。

また、新作を発表する年には釜山国際映画祭を訪れて観客との出会いを自ら要望してきたほどに是枝裕和監督の釜山国際映画祭への愛情は格別だ。釜山と深い縁を結んできた是枝裕和監督は、2016年の釜山国際映画祭で西欧映画に比べて連帯が不足してきたアジア映画が共存する方法についてホウ・シャオシェン監督、イ・チャンドン監督と特別対談を行っている。

その翌年にはアジア映画アカデミー(AFA)の校長を務め、アジアの若い映画学徒を直接指導した。

是枝裕和監督はアジア映画界の今後の発展の方向のために釜山国際映画祭と新しい方法を模索しただけでなく、最近の若い監督たちの作品制作にも参加して、自身の映画の世界を広げている。釜山国際映画祭は彼の作品や映画人生に対する尊敬と礼遇する心から「今年のアジア映画人賞」を授賞することにした。

「今年のアジア映画人賞」はガラプレゼンテーション部門に公式招請された『真実』と観客が初めて出会う場である10月5日午後7時30分の上映時間に是枝裕和監督に授与される。
  • 毎日経済 スタートゥデイ ヤン・ソヨン記者
  • 入力 2019-09-09 16:14:11