「バッドガイズ:THE MOVIE」キム・アジュンのため新キャラを投入


映画『バッドガイズ:THE MOVIE』が原作ドラマとの差別化のために「クァク・ノスン」という新しいキャラクターを投入して、切り札となるキム・アジュンを披露した。

キム・アジュンのキャスティング秘話も話題だ。先立って多数のインタビューでソン・ヨンホ監督と制作会社が『バッドガイズ:THE MOVIE』でキム・アジュンをキャスティングするためにクァク・ノスンというキャラクターを誕生させるほど、キャストに気を遣ってきたと明らかにした。

これについてキム・アジュンは「シナリオを見ると俳優のための献辞のように感じられるほど、これまでの私がたくさん表現されていると感じた。私の演技を念頭して役を作られたのが見えた。出演しない理由がなかった。心から感動して感謝する気持ちで作品に臨んだ」と伝え、キム・アジュンが見せてくれるクァク・ノスンというキャラクターへの好奇心を刺激した。

映画で共演したマ・ドンソクもやはり7月に出演したテレビ番組でキム・アジュンに言及して「多くの人が知っているようにキム・アジュンという俳優はコメディやシリアスを問わず演技が上手な俳優だ。クァク・ノスンというキャラクターが立体的なので、さまざまな姿を見せなければならないが、上手に消化した」という賞賛を惜しまなかった。

『バッドガイズ:THE MOVIE』予告編の中でキム・アジュンはクールなアクションとあつかましいセリフまで、多くの人々が覚えているこれまでの作品の中の冷徹ながらも重量感のあるイメージとは異なる姿を見せる。疑う余地のない演技力にアクションまで加わり、新しいキャラクターであるクァク・ノスンに変身したキム・アジュンへの期待が高まる。

一方、護送車脱走事件が発生して姿を消した最悪の犯罪者を捕まえるために、再び団結した悪い奴らの活躍を描いた犯罪娯楽アクション映画『バッドガイズ:THE MOVIE』は今日(11日)韓国で公開される。
  • 毎日経済 スタートゥデイ ヤン・ソヨン記者
  • 入力 2019-09-11 10:18:07