楽童ミュージシャンのイ・チャンヒョク、小説を出版


楽童ミュージシャン(AKMU)のイ・チャンヒョクが生涯初の小説を出版する。

YGエンターテイメントは11日午前、公式ブログにイ・チャンヒョクの小説『水を得た魚』のポスターを掲載した。ポスターでイ・チャンヒョクは広げた本の後ろからどこかを見つめている。ポスターには小説のタイトル『水を得た魚』とこれを象徴する魚のアイコンがある。

『水を得た魚』はイ・チャンヒョクが持つ人生の価値観と芸術の視点を表現した小説だ。イ・チャンヒョクは楽童ミュージシャンの新しいアルバム作業と一緒に小説を介して自分の考えを表現した。

特に『水を得た魚』と楽童ミュージシャンの3rdアルバム『SAILING』は連携性を帯びており、小説とアルバムを通じてイ・チャンヒョクが表現しようとした世界観を理解することができる。イ・チャンヒョクの最初の小説『水を得た魚』は来る17日から予約販売され、26日に正式発表される。

小説出版日の前日である25日には楽童ミュージシャンの3rdアルバム『SAILING』の音源が公開される。楽童ミュージシャンはこれまで、広大な海、波止場など物悲しい雰囲気が漂う秋の感性が込められた『SAILING』ティーザーを公開した。『水を得た魚』も『SAILING』の延長線上にあるタイトルで好奇心を刺激する。楽童ミュージシャンの今回のアルバムは2017年7月に発表された『SUMMER EPISODE』以来、約2年2カ月ぶりの新譜だ。
  • 毎日経済 スタートゥデイ パク・セヨン記者
  • 入力 2019-09-11 11:37:48