Hash Swan、BTSジョングクの熱愛説に巻き込まれ「吐きそう」


ラッパーのHash Swanが一部の防弾少年団(BTS)ファンに不快な気持ちを表わした。

Hash Swanは16日、インスタグラムストーリーに「これは私ではない。あまりにも聞いてくるから」というコメントと共に写真を公開した。

写真はこの日、SNSやオンラインコミュニティなどに公開された、ある男性が女性をバックハグしている姿がおさめられたものだ。一部のネットユーザーはこの男性が防弾少年団のジョングクではないかという反応を見せ、一部ではHash Swanではないかという意見が提起された。

これにHash SwanのSNSに写真の中の人物なのかという質問が殺到し、Hash Swanは写真の投稿でこれを自ら否定したものだった。

Hash Swanは投稿を削除した後、「先ほどあげたストーリーを非公開にしてほしい」と要求する防弾少年団ファンのDMを公開してHash Swanは「こう言われたから何も言わずに非公開にしましたよね」とコメントした。

それとともに防弾少年団の一部のファンが自分を非難するSNS上の投稿とコメントなどを公開、「本当に不快で吐きそう」と不快な気持ちを表わした。

Hash Swanが公開したファンたちの反応は「あなたが現在チョン・ジョングクに似ているから誤解されているのではなく、髪の長さが似ているからであり、絶対次の曲の歌詞にジョングクに似ているとか歌詞を書かないでほしい。ひとまず確かなものでもなく私はジョングクの顔が好きだから」、「Hash Swan、あいつ次の歌詞に自分が防弾のジョングク似と言われたとかこんな歌詞を書くんじゃない」など、Hash Swanを非難するようなコメントが書かれている。

Hash Swanは「お前たちが関係のない人を捕まえて写真が撮られたのではないかと聞いてきたから違うと言っただろう、こんな話まで見なくちゃいけないのか」、「既に外国で成功しているアーティストに言及するつもりもない」と改めて批判した。

Hash Swanのコメントが公開されると、インターネットユーザーたちは「たくさん驚いただろうし不快だろう」、「突然のこれは青天の霹靂だろう」など、慰める反応を見せている。
  • 毎日経済 スタートゥデイ キム・ソヨン記者 / 写真=Hash Swan SNS
  • 入力 2019-09-17 07:40:18