32キロ減量のユ・ジェファン、高熱で病院に


ダイトイエットで32キロを減量して話題を集めた作曲家兼歌手のユ・ジェファンが高熱で病院を訪れて治療を受けた。

16日、スポTVニュースによると、ユ・ジェファンはこの日午前、高熱などによる健康異常により病院を来院して治療を受けていると伝えられた。

ユ・ジェファンはこの日放送されたMBCラジオFM4U『正午の希望曲キム・シニョンです』にも参加しなかった。ユ・ジェファンは毎週月曜日「町内作文大将」のコーナーにゲスト出演している。

ユ・ジェファンに代わってキム・ジョンヒョンMBCアナウンサーがゲストとして緊急投入された。

ユ・ジェファンは健康のために32キロを減量して話題を集めた。ユ・ジェファンはJTBCのバラエティ番組に出演して減量した理由について「ダイエット前、107キロまで体重が増えた。痛風がひどすぎて風が吹くだけでも痛かった。体重が減ったら痛風がなくなり、血圧、血糖値もすべて正常になった」と明らかにした。
  • 毎日経済 スタートゥデイ シン・ヨンウン記者
  • 入力 2019-09-17 10:01:33