BTSジョングクと熱愛説のAさん「恋人関係でもイニシャルタトゥーでもない」


グループ防弾少年団のジョングクと熱愛説に包まれたタトゥーイストのAさんが口を開いた。

Aさんは17日、自分のSNSに「今、噂されている言葉と私を詐称して誤解を招く状況が残念でコメントする」と投稿した。

続いて「ジョングクと恋人関係であるとか、私のイニシャルをタトゥーイングしたという言葉は絶対に事実ではありません」とし「ただ親しい友人程度であり、このことで私と周辺の方々が多く傷ついて、ファンの方にも大きな傷を負わせたようでとても申し訳ありません」と明らかにした。

それとともにAさんは「これ以降は発言しません。無視では絶対にないことだけ分かってください」と締めくくった。

先立って16日、オンラインコミュニティやSNSなどを中心にジョングクの熱愛説を推測させる写真が拡散した。巨済島で休暇を楽しんでいるある男性が女性をバックハグしている写真がキャッチされたもの。一部のネットユーザーが写真の中の男性が防弾少年団ジョングクなのではという推測をして熱愛説が噂された。

以後、ジョングクの所属事務所Big Hitエンターテインメントは「現在、SNSとオンラインコミュニティを中心に流布されている当社アーティストジョングクと関連する主張は事実ではないことを明確に申し上げる」とし「ジョングクは今回の休暇期間に巨済島を訪問中、普段から知り合いだったタトゥーショップの知人が現地を訪問中であることを知り、これにタトゥーショップの知人と巨済島の知人と一緒に食事をして団体でカラオケに行きました。その内容が歪曲されて広まっているもの」と明らかにした。

また「当社は、アーティストの長期休暇期間にあったささやかな個人の日常が歪曲されて伝えられたことについて遺憾に思う」とし「防犯カメラの流出と違法撮影有無などについて確認した後、個人情報の流出やプライバシーの侵害については強く法的に対応する予定」と付け加えた。


以下はAさんのSNSコメント全文

ジョングクと恋人関係では絶対にありません。

今、噂されている言葉と私を詐称して誤解を招く状況が残念でコメントします。

どんな回答をしても信じず、自分たちで勝手に解釈して、さらにひどいコメントを書き込まれるのが明らかな事実なので何も言わずにいました。

重ねて申し上げますが、ジョングクと恋人関係であるとか私のイニシャルをタトゥーイングしたという言葉は絶対に事実ではありません。

ただ親しい友人程度であり、これにより私と周辺の方がたくさん傷ついて、ファンの方にも大きな傷を負わせたようでとても申し訳ありません。

これ以降は発言しません。

無視では絶対にないことだけ分かってください。
  • 毎日経済 スタートゥデイ イ・ダギョム記者
  • 入力 2019-09-17 16:26:57