「蜃気楼レストラン」出演のチョン・ユミ「肺炎にかかり回復中」


チョン・ユミが肺炎にかかったが、現在は快方に向かっていると明らかにした。

19日午前、ソウル上岩洞MBC社屋でMBCの新バラエティ番組『蜃気楼レストラン』のメディアトークが行われた。この日の行事にはチョン・ユミをはじめラビ、ミシュランシェフのジョセフ・リジャーウッドと伝統酒ソムリエのダスティン・ウェサなど、出演陣が参加した。

チョン・ユミは本格的な懇談会に先立ち、健康状態を伝えて了解を求めた。

チョン・ユミは「肺炎にかかった。回復のためにたくさん努力したが、完璧にはできなかった」とし「(声がうまく出せない点)ご了承願いたい」と明らかにした。

チョン・ユミは番組出演のきっかけについて「久しぶりのバラエティ出演だが、前の撮影時にも感じた点が、ドラマや映画とは違ってバラエティでは実際のリアルな私としての姿をお見せできるという点で良かった。その時の良かった記憶のまま過ごしてきたが、作品が終わったタイミングでとても良い番組の提案が入ってきて参加することになった」と伝えた。

チョン・ユミは「企画案から緑の背景の写真一枚だけでも『蜃気楼レストラン』がどのような方向に進むのかが感じられた。『剣法男女』が重い素材で進められたため、重い仕事を終えた後、ヒーリングされる旅行に行きたいと考えていたが、この番組では私もヒーリングできそうだと感じてすぐに参加することになった」と話した。

『蜃気楼レストラン』は存在しそうにない奇妙な場所に突然登場して、たった一日だけ開かれる魔法のようなレストランで、ローカルの食材で調理し、ローカルの風景と調和する空間の中で食事をする幻のレストランだ。

チョン・ユミは「撮影と思わずに、ひとつのポップアップストアをオープンして客を迎えて完ぺきに仕上げるという気持ちで進行した。バラエティだが、バラエティというよりは、チームが楽しくレストランをオープンして店じまいをして帰ってきた。その過程を見ることになるが、すごく楽しみだ」と伝えた。

『蜃気楼食堂』は19日、26日午後10時5分、2回に渡って放送される。
  • 毎日経済 スタートゥデイ パク・セヨン記者
  • 入力 2019-09-19 13:37:20