SMエンタが公式コメント「テヨンの懲戒記録なし、過去の言動は今も反省」


SMエンターテイメントが所属グループNCTのテヨンと関連した物議に対する公式立場を明らかにした。

SMエンターテイメント(以下、SM)側は19日、「テヨンと関連した報道に対し、10年前の2009年のことであるだけに、所属事務所として正確な状況把握のためにテヨンの家族、中学校に生活記録簿などの資料確認を要請した」とコメント発表が今日になった理由を説明した。続いて「資料を確認した結果、報道された内容に関連する言及や懲戒記録はなく、両親も報道された内容と関連して先生と面談をしたことはない」と明らかにした。

SM側は「過去のテヨンは歌手の夢を育てる前の中学生の頃に行った良識のない行動と傷つける発言を深く後悔し、デビュー前の練習生時代とデビュー後にも傷を受けたすべての方々に謝罪すると言及しており、今も反省する心を忘れずに最善を尽くして熱心に取り組んでいる」と説明した。

また「テヨンは再び幼い頃のことで心配をおかけした部分について深く反省し、さらに責任を持って正しく生活する」と付け加えた。

去る18日、WIKITREEはテヨンが中学2年生の時に友人Aさんへのいじめに加担した情況を確認したと報道した。当時、テヨンと親しかったというクラスメートBさんはテヨンと一緒にAさんを苦しめたと告白し、「テヨンは小心者でいじめを主導しなかった。ただし、Aをいじめるときに横で一言二言発言した程度だった」と明らかにして波紋を呼んだ。

以下はSMエンターテイメント公式立場全文

テヨンと関連した報道に対し、10年前の2009年のことであるだけに、所属事務所として正確な状況把握のためにテヨンの家族、中学校に生活記録簿などの資料確認を要請しました。

資料を確認した結果、報道された内容に関連する言及や懲戒記録はなく、両親も報道された内容と関連して、先生と面談をしたことはありません。

過去、テヨンは歌手の夢を育てる前の中学生の頃に行った良識のない行動と傷つける発言に関連して深く後悔し、デビュー前の練習生時代とデビュー後にも傷を受けたすべての方々に謝罪すると言及しており、今でも反省する心を忘れず何事にも最善を尽くして熱心に取り組んでいます。

テヨンは再び幼い頃のことで心配をおかけした部分について深く反省し、さらに責任を持って正しく生活します。
  • 毎日経済 スタートゥデイ パク・セヨン記者
  • 入力 2019-09-20 09:21:47