BTS RMが1億ウォンを寄付「聴覚障害学生の音楽教育のため」


グループ防弾少年団(BTS)のリーダーRM(本名キム・ナムジュン / 25)が特殊学校に1億ウォンを寄付した。

聴覚障害特殊学校のソウル三聖学校は20日、RMが自分の誕生日(9月12日)を記念して去る16日、学校に1億ウォンを寄付したと発表した。

学校関係者は「聞くことが困難な学生がさまざまな方法で音楽を楽しむことができたらという願いと共に後援金を受け取った」とし「聴覚障害のある学生の音楽教育と芸術公演活動を拡大するために使用する計画だ」と明らかにした。

RMが寄付をしたソウル三聖学校は社会福祉法人ソウル三聖院傘下の聴覚障害特殊教育機関で、幼稚園から高校まで聴覚障害児を教育している。現在120人余りの学生が在学中だ。

一方、防弾少年団は10月11日、サウジアラビアでコンサートを開催する。
  • 毎日経済 スタートゥデイ キム・ソヨン記者
  • 入力 2019-09-20 10:46:33