ヤン・ヒョンソク元YG代表の性売買斡旋疑惑は「嫌疑なし」


警察がヤン・ヒョンソク前YGエンターテイメント代表の性売買斡旋疑惑について嫌疑なしの結論を下した。

ソウル地方警察庁の関係者は20日、ソウル鍾路警察署で行われた記者会見で「ヤン元代表の性売買斡旋容疑について不起訴意見でこの日、検察に送致する」と明らかにした。

警察は「ヤン元代表などの性売買や性売買斡旋容疑を認証する客観的証拠を発見することができなかった」とし、ヤン・ヒョンソクなど性売買斡旋容疑で立件した関係者4人の全員を不起訴意見で送検する方針だと明らかにした。

ヤン・ヒョンソクは2014年、ソウルのある高級レストランで外​​国人資産家を接待するさいに風俗店の女性を動員したという疑惑などを受けている。

これに対してソウル地方警察庁広域捜査隊はヤン・ヒョンソクを性売買斡旋など行為の処罰に関する法律違反の疑いで立件し、関係者10人余りの金融取引内訳、通信履歴を分析して酒の席の同席者29人を被疑者または参考人の身分で調査した。

警察によると性接待疑惑を受けている7月、9月、10月の国内外の接待の席で発生した費用は、すべて外国人投資家と資産家が支払ったことが明らかになった。

警察はヤン・ヒョンソクが個人のクレジットカードでレストランで2回、数百万ウォンを決済した内容があるが、今回の疑惑と関連性が発見されなかったと明らかにした。警察が酒の席に動員された風俗店の女性13人を調査した結果、性売買の状況も発見されなかった。

警察関係者は「海外での接待の場でわいせつ行為があったという一部の供述があったが、わいせつ行為の回数、旅行の雰囲気、わいせつ行為への参加者の陳述などを考慮すると性売買と見ることは難しいと判断した」とし「わいせつ行為に至るまでの手配や条件提示が欠けていたため」と説明した。

一方、警察はヤン・ヒョンソクとグループBIGBANGの元メンバーのV.I(本名イ・スンヒョン、29)の海外賭博疑惑も捜査している。ソウル庁知能犯罪捜査隊は来週、2人を追加で呼び出す計画だ。これだけでなく警察はヤン・ヒョンソクの芸能人麻薬関連介入疑惑も捜査している。京畿南部地方警察庁は近いうちにヤン・ヒョンソクを呼び出して、グループ「iKON」の元メンバーB.I(23、キム・ハンビン)の麻薬吸引疑惑捜査を防ぐためにB.Iの知人を懐柔して脅迫した疑惑について取り調べを行う計画だ。
  • 毎日経済 スタートゥデイ キム・ソヨン記者
  • 入力 2019-09-20 13:20:20