「世界知識フォーラム」にEXOのチャンヨル登場

K-POPの未来語る 

今年の「世界知識フォーラム」が差別化した内容の一つは、Kポップを精密診断するセッションだ。韓流の輸出はここ5年間で年平均16%以上も成長しており、昨年だけでも100億ドル以上の輸出成果を上げた。

文在寅(ムン・ヂェイン)ムン・ジェイン大統領は17日、「韓流が作り出した生産誘発効果はなんと20兆ウォンに近い」とし、国を代表する産業だと評価した。

今年の世界知識フォーラムでは欧州の「世界経済フォーラム(ダボス会議)」、中国での「ボアオフォーラム」など、外国のフォーラムでは会うことが難しいKポップ業界の専門家らが多数参加する。

Kポップ産業界を代表して、国内最大のエンターテイメント会社であるSMエンターテイメントから李秀満(イ・スマン)総括プロデューサーが演壇に上がる予定だ。 李秀満プロデューサーは25日に奨忠アリーナで、「未来のエンターテイメントの世界」というテーマで現実・仮想空間の境界のないコンテンツを体験することになる未来のエンターテイメントなどを紹介する。このセッションでは外国メディアの記者30人あまりが事前に取材を申し込むほど、大きく関心が寄せられている。


特にSMのアーティストの代表的な一人でチャニョル(26)が一緒に演壇に立つ予定だ。チャニョルは国内国籍のKポップスターの中で最も多くのソーシャルネットワークサービス(SNS)フォロワー1800万人を持つアーティストで、2012年にデビューしたグループEXO(EXO)のメンバーだ。EXOは『Growl』『CALL ME BABY』『Ko Ko Bop』『Tempo』などのヒット曲を多数量産し、韓国をこえて世界で熱い人気を得ている。

EXOはクィントゥープルミリオンセラー、国内累積アルバム販売量1000万枚突破、5年連続大賞受賞などの大記録を立てた。世界知識フォーラム事務局は21日までに、世界知識フォーラムのYouTube公式チャンネルを通じて、チャニョルの出演セッションをファンが鑑賞する機会を提供する予定だ。チャニョルは映像を通じて「20周年を迎えた世界知識フォーラムを祝い、(世界知識フォーラムに)参加することができて光栄」だとし、「個人的にも世界知識フォーラムのような舞台に参加してみるのは初めてで、非常に期待している」と所感を明らかにした。

世界知識フォーラムの二日目は世界の文化産業の専門家らが見るKポップを語る。ビルボードチャートを総括するビルボードのシルビオ・ピエトロルオンゴ副会長と調査機関ニールセンのミュージックグローバルに所属するヘレナ・コシンスキー副社長が対談を持つ。ビルボードは伝統と信頼の独歩的なコンテンツチャートで有名だ。

最近、メディア市場には多くの変化が生じた。今日のようなニューメディア時代には、単純なアルバム販売量が絶対的指標になることはない。 YouTubeの再生回数などの、従来にはなかった要素が生じたからだ。新しい時代には「どのようにコンテンツを数値化できるか」「Kポップとどのような相関関係があるのか」の答えを出すために、ビルボードはチャート方法論を発表する。
  • 毎日経済_パク・チャンヨン記者/オチャンジョン記者 | (C) mk.co.kr
  • 入力 2019-09-20 20:48:03