「2019 MAMA」日本のナゴヤドームで開催「文化交流は続けるべき」


「Mnet Asian Music Awards(以下、MAMA)」が来る12月4日、日本の名古屋ドームで開催される。

韓国初のミュージックビデオ授賞式として1999年にMnet「映像音楽大賞」として出発し、2009年にMAMAに生まれ変わり、現在の世界的な音楽授賞式へと定着したMAMAは韓国の音楽産業の発展とともに成長してきた。アーティストには「夢の舞台」、グローバル音楽ファンには「最高のアジア音楽授賞式」と認められてきたMAMAは今年もその名声にふさわしい最高の音楽祭としてファンを訪れる計画だ。

2年間、多地域の開催でアジアの音楽市場の和合と交流の拡大を図っていたMAMAが今年は日本の名古屋ドームへ向かう。

初めてのドーム開催はもちろんのこと、歴代最大規模で繰り広げられるMAMAとなる見込みだ。特にドーム公演はアーティストの影響力を評価する尺度であり、歌手たちが羨望する舞台として、最高の歌手たちがドーム公演を通じて影響力を証明してきた。

名古屋ドーム開催を通じてMAMAを再びアジア最高の音楽授賞式としての地位を刻印させるという抱負だ。

日韓関係の悪化により開催地の選定をめぐり深い議論があったが、政治問題とは別に民間の文化交流は続けなければならないというのが大半の意見だったというのがMAMA事務局側の説明だ。

グローバル音楽授賞式MAMAはCJの文化事業に対する確固たる信念と根気のある投資の結果として単純な年末音楽授賞式を越えて全世界の音楽ファンが楽しむ最大の音楽祭であり、アジア大衆音楽普及の場、音楽家たちのグローバルコミュニケーションの窓口としての役割を強固にしている。

MAMAを総括するCJ ENM新型管音楽コンテンツ本部長は「MAMAは名実共にアジア最高の音楽授賞式に定着した」とし「K-POPとアジアの音楽が国や文化の境界を越えて全世界の主流になるよう努力を続けていく」とのビジョンを明らかにした。
  • 毎日経済 スタートゥデイ イ・ダギョム記者
  • 入力 2019-09-24 10:41:21