AKMU、YGとの離別望むファンに「心配は理解、結果物でお見せしたい」


兄妹デュオの楽童ミュージシャン(AKMU)が所属事務所YGエンターテイメントとの離別を望むファンの声に対する考えを明らかにした。

25日午後2時、ソウル市江南区清潭CGVで楽童ミュージシャンの3rdアルバム『SAILING』発売記念音楽鑑賞会が開かれた。

この日、イ・チャンヒョクはファンから「会社から出てほしい」という要求を受けていることについて、「ファンの方々が心配をされている部分は私たちもよく理解している」と理解を示した。

続いて「一緒に働いている方たちがとても良い方たちだ。毎日のように夜を明かしながら幸せに作業をしているので、当分の間は幸せな時間として良い結果を作り出し、それをお見せすることでもう少し時間を送りたい」と答えた。

一方、楽童ミュージシャンの今回のタイトル曲「How can I love the heartbreak, you're the one I love」はMelonをはじめとする各種音源チャートを席巻している。
  • 毎日経済 スタートゥデイ イ・ダギョム記者
  • 入力 2019-09-26 09:13:18